200年先の子孫に恨まれぬ様に。日本国家二百年の大計。アメリカ合衆国はやはり先生。1

By L男


何だこの画像は。さっきはこんなの無かったぞ。
早まるな。敵の謀略かも知れん。心せよ。


 200年先日本は無事に存在しているだろうか。アメリカは?日米同盟は維持しているか。アジア各国はどうか?世界は?第三次世界大戦は起きていないか?他、未来の社会とはどんななんだろう。

対して、会社はどうなっている?有名企業は存続しているか?日本経済は?不景気か?世界経済は?ええ、そんな事はほぼ想像しないでしょうね。200年先の子孫の時代を想像せなば、優先順位は変わる。


Paul Chikuma氏提供


 『200年先の子孫に恨まれぬ様に。日本国家二百年の大計アメリカ合衆国はやはり先生。』という題。歴史の中の世紀の中の一時代の歯車の欠片である我等。今日が無ければ明日は無い、確かに‥。

しかし。

 長期、200年先迄の長期(国家存続)計画こそ必要ではないか。長期で見なば国家が何よりも大事。会社よりも環境よりも宇宙よりも。祖先も(命を張って)そうしてくれた。我等も子孫の為、そうしなければならない。




 今年は明治維新から丁度150年です。意見の分かれた其の時期に祖先は、開国を決断してくれ戦前には既に一応の技術を所持、広く世界と関係を築く強国に成れていた。だから先進国日本の今がある。




 今から200年前は1818(文化15かつ文政元)年。オホーツク海方面からロシア帝国が千島列島や樺太に進出し始めて来ており、更にイギリス帝国やアメリカ等の異国船さえ日本沿岸各地に頻繁に現れる事態に及べり。

幕府は国防の重要性を認識して伊能忠敬一門に大日本沿海輿地全図を作図させ、異国船との交流や交易はこれを極力拒否し、鎖国及び攘夷の方針を堅持したい意思でした。



最も荘重に聴こえた君が代 Mm Japanese氏提供


 しかしその後は、西洋との力の差の現実を見てこれを認め、方針を変えました。臥薪嘗胆し、脱亜入欧の仮面を被り富国強兵を目指してくれた。子孫の為に多大な努力と犠牲を払ってくれて、今がある。

 元寇。いざ鎌倉。九州の勇敢な御家人が、命を棄てて敵の大軍を防いでくれたから、今がある。祖先の様な勇敢さを示せぬ我等とて、我等とて時代の歯車の欠片である。日本を立派に存続させ子孫に渡すべし




 日本とアメリカと世界と。その様な事を想像するに、ただの一般市民と雖(いえど)も『経済の事しか』『情報化社会の事しか』考えない、ので無く『もっと大切な核心』のあるを知るなり。そこで200年。

経済や社会を思うだけでは想像もつかない200年先。2218年。ここを見て未来を憂うのならば、色々な我等の壮大な迷い事ももっと適切に正されて200年先の子孫にも、より正しく伝わるのだろうと思うのであります。



元寇(四百余州を挙る) R.T B氏提供


 個人としては20年先の事、自身の人生と将来の事、仕事の事や経済の事を考える。同時に重要なる国民国家構成員として壮大に、200年先の子孫の為に国家存続200年計画もあれやこれやと考え、想像を巡らせる。

階級(身分)制度の崩壊する現在、これからどこの誰が要職に就き、征夷大将軍に上り詰めるやも全然分からない。国家計画の壮大な迷い事を自分なりに正しく判断せんが為、子孫の為20年と200年、両輪で考えて!




 さて、と。アメリカ合衆国ほどにもなると当然、国家100年計画とか200年計画とかを決めて、ケツから逆算して今の合衆国の色々を運営しているんでしょうね、きっと。昔から。ケツから逆算して。

黒船来航の時から約100年間、東洋への進出計画を周到に練り、米国の独占したかった清国・中華民国で、他国勢力が邪魔になった場合や日本と戦う場合の勝利パターンもしっかりと計画準備していたのでしょうね。

かねてより事のあるを予想し、ゴールから逆算して。ペリー提督が東京湾に侵入し錨泊して横浜に上陸した様に、後年マッカーサー元帥が東京湾で降伏文書に調印させ、当初横浜に滞在したのも計画通りだったか。

更に、ペリー提督は琉球(沖繩)や小笠原諸島にも既に寄っていたし、ここを日本と戦った場合の最重点進撃両ルートとしてかなり古くから占領を計画していたかと思うに、戦う前から既に日本は敗けていましたね‥。




突然ですが、次回へ続きます。



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

此処に就いて言及 (5)
初めまして。 (1)
簡単な言及 (1)
説明挨拶 (1)
当ブログの現状と懸案の東亜情勢 (1)
国家を立派に存続させ〇〇年後の子孫に渡すべし (2)
200年先の子孫に恨まれぬ為に 1 (1)
200年先の子孫に恨まれぬ為に 2 (1)
大震災 (3)
阪神淡路大震災から22年 あの時の部外者 (2)
東日本大震災7年 (1)
光GENJI (1)
昭和62年デビュー時の雰囲気 (1)
哀しみのほうの櫻 (1)
進言や(諫言)等 (1)
名古屋さん江 (1)
新嘉坡 星港 (1)
2/15に新嘉坡を検索すると (1)
肉彈三勇士 (1)
美談 泣く話 (1)
小野さつき先生 (1)
2017 北鮮動勢 (1)
米朝どうなるか (1)
226事件関係 (2)
2月26日が來る (2)
梅坪小学校小1男児熱中症死亡事故 (1)
のだま(野球)系統 (5)
昨今の高校野球 (1)
誤審疑惑?炎上? (1)
2017日本選手権 (1)
全九州へ(祝電) (1)
日本一!日本二! (1)
オリンピック (3)
欧米ノ対日本戦術 (1)
羽生結弦選手に便乗すべき仙台 (1)
羽生結弦二連覇祝賀パレード(NHK)於仙台 (1)
音楽鑑賞可也 (9)
ラップRUN-DMC (1)
歌手西城秀樹初期の曲 (1)
唱歌茶摘 (1)
唱歌鯉のぼり (1)
唱歌七夕様 (1)
童謡唱歌 田植、朧月夜、とんび (1)
流行歌戦時歌謡 (2)
霧島昇&松原操 めをとならば踏み越えて (1)
謹吿各位 (3)
謹賀新年 元旦 (1)
候ノ夏盛年九廿 (1)
平成卅年盛夏ノ候 (1)
特輯 各種の広告 (5)
夏のお洋服と雑貨 広告特輯 (1)
夏の洋菓子 広告特輯 (1)
夏の和菓子 広告特輯 (1)
レンタル浄水器 水道水をば活かしたし! (1)
各部においの悩み&便秘の多種広告他 (1)
放送 (1)
扇動報道(日馬富士貴ノ岩事件) (1)
三島由紀夫 (1)
11/25三島事件 (1)
2月11日 (2)
2018紀元節祝電 (1)
(従来通り) 建国記念日と呼ぶ (1)
大東亞戰爭 (5)
開戰記念日76年 (1)
父祖に寄り添う (2)
鎭魂東京大空襲 (1)
開戦記念日77年、今年は間に合わず (1)
○○編開始通告 (1)
奉祝 天長節 (1)
イランへの所感 イラン産原油禁輸に際し (1)
未分類 (5)