のれん分け名門 大諸居拓吾郎商店FC2店様前臨時屋台

阪神大震災 22年(あの時の関西圏部外者)








今晩は。日付が変わり、2017年の

1月17日になりました。

旧五大都市の一角、大名古屋から

お送りしています。


書き始めると、色々と‥

光GENJI諸星かーくんや、

つらら(氷柱)のこと

など考えたりしましたが

(大した内容ではなく浅い思い)、


1月17日ですから5時46分になる前に

神戸市民よ淡路島、西宮、尼崎、

芦屋、伊丹、宝塚他大阪府西端等の

阪神諸都市民よ

あの時の事は今でも忘れてへんぞー

と伝えたいです。


1995年(平成7年)1月17日(火)05時46分。

神戸から100km程離れた

京滋地方に居ました。

当時は2○歳位か、大学生でした。


眠れずに起きてたんです、真冬だから

飼犬を勝手口に入れてあげてて、

犬が屋内で遠吠えするんです。

余計眠れへんよなあ。


あれは本当に長かった、

5時46分か神戸から距離があるから

家の辺は47分か‥


横揺れと縦揺れで1分位かもっとなんかな、

先に強い横揺れが続いた後ドーン、ドーン

と怖すぎる縦の突き上げがあった。


ああいう時はどうしていいかわからない、

親を起こそうと思って廊下を

つかまり歩いたが怖くて

ちょっとしか移動できない。

二回地面から突き上げた時、家の梁が

バキッと強く鳴った、折れたと

思ったから「おいっ、家壊れんぞー!」

と別室の親に叫んでた。


関西は、というか西日本全体は

本当に油断していたと思う。

それ以前の記憶としては小学生の時かな、

震度4くらいのしか記憶になかった。

1980〜90年代中期迄は

関西では本当に地震に関連した記憶は

ないから本当に突然起こったことだった。


しかし、あの時も直近にロサンゼルスで

震度6くらいの地震があって高速道路か

橋かが倒壊して日本でも

大きく報じられていましたが、

日本の建築技術では高速道路などが

倒壊崩壊する事は起こりえない、

と言われていました。

日本ではそのロスの地震の様な

大きな被害は出ない、とも。


対岸の火事に同情しつつも日本の

耐震建築技術でロスの高速道路を建てて

いさえすれば最大の地震でも

絶対に倒壊しなかったものを、と。


だから1994年末から1995年の年始は

そんな意識で、防災グッズも

家具の固定も何にもしていなかった。

天災に備えて危機意識を保持したり

という事は、今と較べてかなり

なおざりにされていたと思う。


関係あるかないか、私達は運転に

シートベルトは使わなかったし、

災難や病気などに備えた

予防防御行動及び意識に対しては、

「ビビりか?」

「根性無しか?」

「心配性か?」

と強がりとハッタリの現在で言う

ところの意識低い系くんが

当時はとても多かった気がする。


※時代背景で脱線しましたm(_ _)m


それで、親に叫んだあとの事ですが、

当時、テレビラジオしかない訳

でしたが、関西のNHKも民放も

しばらく震源地とか

重要情報が判らない。せいぜい

京都大阪が震度5乃至4、朝7時頃まで

判然とせず、なんかはっきりせんから

また寝ようなどと軽口をたたける

心持ちでは全くなかった。


当時の私達、関西に居住せる全関西兵は

心底びびっていた。(筈だ)


真冬の早朝で夜明け前で、

テレビのある部屋もとっても

寒かったのにずっとテレビで

確認しようとしていた。


7時をまわってからか、NHKで

神戸が震度7だとようやく

判明して(だったはず)、

「神戸や!」と叫んだ。


関西テレビだったか

同じく7時を回ってから、

深江(神戸市東灘区)の阪神高速の

横倒しと帝産バスのあの間一髪の

映像が出て、私達は驚愕した。

それからNHKで神戸が燃えている

映像が出て、





それから私達は3月下旬の

地下鉄サリンまで

ずっと驚愕し続け、何度も

涙ぐむことになる。


(比較的若い世代にとっては)

すべてが初めての経験だった。


昭和天皇が崩御されたあの

昭和64年の時以来の事で、


関西ではかなり長い期間テレビはCMを

やらず、笑いに関する娯楽番組は

あっても笑わせることをやっては

いけなかった。あの時、

神戸淡路阪神間諸都市を心に想い

関西兵は一般人も芸能人も

笑う行為は不謹慎でいけない事だった。

(と記憶しています)



ちょっと長すぎますので、

後半を設けます。

ここまでを前半と

いうことにします。



お疲れ様で御座居ました。








関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://oomoroitakugoro.blog.fc2.com/tb.php/3-d3be5a64

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

大諸居拓吾郎

Author:大諸居拓吾郎
☆☆☆
昭和から平成の
諸々の
おもろいこと、
おもんない事、

懐かしいことや
そうでもない事、

シリアスな記憶等、

当方の所感を
開陳発信をば
させて頂きます。



不許複製轉載



近代風に参ります。

大諸居拓吾郎商店
グループ各ブログ
全頁共通約束


契約事に関われる
一切の責任は

契約者当人並びに
契約先企業に在り

是、世界万民共通の
天下の公約也


従いたるに当ブログ
及び関連ブログの
管理者たる大諸居
拓吾郎商店グループは

それらに関わる
一切の責任を負わず

悪しからず
ご承知置下さるべく候


是、契約者及び
契約先企業並びに
其の仲介先企業に
対し、等しく宣言せり

公正なる商取引
是を活発にしたるこそ
真に我国の為也

其れが為有力と
感ぜる商品に対し
是等の紹介に
我手を貸したるもの也

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん