のれん分け名門 大諸居拓吾郎商店FC2店様前臨時屋台

桜の春、メランコリーの雨に濡れてもええんやで‥憂き切なき人は。今日は4月6日

大諸居拓吾郎商店グループのFC2店へようこそ


此の記事に関連リンク2017年の桜と春の雨と(春の雨の)一首


夜櫻



おれなんか昔、うる星やつらの映画観て、メガネのセリフやメランコリーの軌跡ってエンディングの歌聴いてからはずっと春三月四月はメランコリックでメランコリーの雨だぜー
うそだけどー


慶(よろこ)びの桜(櫻)もある、哀しみの櫻もあり、訣(決)別の櫻も、ある。
櫻は度量が大きい、守備範囲が超広い。来てほしくない(桜の季節が)櫻もあり、散って欲しくない櫻もある。
来てほしくない櫻は東日本大震災の様な時で、ずっと三月で時が止まって欲しかったろうと、想う。
おれは‥何をいっているんだろう‥ 筆が勝手に‥ 進む‥

東北の春は五月からだけど、国民等しく四月は櫻の季節だから‥
肌寒し春の夜長の染井にしだれ、美しくて寒くてもの憂くて‥。 「(北は)櫻はまだでもさ、ニュースに写真に見聞くだけで、ああ、俺の櫻は哀しみの櫻なんだなって‥嫌になって玉露(たまつゆ)がさらさらと頬伝(ほほつた)って‥また嫌になって」とその様な事をその人は云った‥ 。しかし「涙腺が緩(ゆる)んで鼻がツンと痛くなって目を閉じて熱い海の瞼(まぶた)の中にあの頃があって、とっぷりと憂き切なき気分で浸(ひた)って居られる春の夜長と俺の『哀しみの櫻』は幸せな時間なんだよ‥一緒に居れるからね‥」
花見と対極に在(あ)る感性を聞いた時の衝撃は‥今でも忘れない‥


季節感が、感性が合うかは分からないけれど、安全地帯のあの頃へや碧い瞳のエリス、恋の予感、堀内孝雄の愛しき日々、はたまた前述のメランコリーの軌跡で‥泣ければいいと思います‥聴きながら枕で顔を覆ってさめざめと泣けばいいと思います‥。

四月初頭の、櫻の時季は、メランコリーの涙雨もちゃんと受け止めてくれる。平成の歌でもいい、Hysteric Blueの春~spring~でも、シャ乱Qの上・京・物・語でも、いきものがかりの桜関係2曲でも、木蓮の涙でも。あ‥あの頃へは平成初期の歌か‥。あとこんな曲もありますよ、石原裕次郎の「北斗七星」とかはどうでしょう。

北の櫻は4月末からですけどもう暑くもなってきて、憂き切なき気分でいられるかも分かりませんからね‥。今は夜は寒いし、メランコリックなこの(春の)夜長に宇多田ヒカルの桜流しでも聴けば、つたう涙と共に会いたい人に瞼(まぶた)の中で逢えるかもわかりません 。



散って欲しくない櫻と云えば、決戦激戦地からの決別電もそう、特攻さんもそう、東京大空襲も名古屋大空襲もそう、、、 勝ち戦に散った兵隊さんも多い‥ 戦争の起こっていない時代ですから、やっぱり‥大震災がこの時代の大きな哀しみの代表ですから‥ 戦争と大震災は共通する通ずる心もあります様な気がしますね‥ 私達には分からない気づけない、通う心もあろうかと思いますね。


‥櫻で泣く人もいる、この季節に泣ける曲を作って呉(く)れた歌手に感謝、四季に泣ける曲を作って呉れる歌手や作曲家に感謝。今日は‥「憂き切なき哀しみのほうの櫻」をお届けしました。



夜桜 何ものかを想いだす

夜櫻と憂い有る夜空のその中に何想う




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://oomoroitakugoro.blog.fc2.com/tb.php/25-33341dad

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

大諸居拓吾郎

Author:大諸居拓吾郎
☆☆☆
昭和から平成の
諸々の
おもろいこと、
おもんない事、

懐かしいことや
そうでもない事、

シリアスな記憶等、

当方の所感を
開陳発信をば
させて頂きます。



不許複製轉載



近代風に参ります。

大諸居拓吾郎商店
グループ各ブログ
全頁共通約束


契約事に関われる
一切の責任は

契約者当人並びに
契約先企業に在り

是、世界万民共通の
天下の公約也


従いたるに当ブログ
及び関連ブログの
管理者たる大諸居
拓吾郎商店グループは

それらに関わる
一切の責任を負わず

悪しからず
ご承知置下さるべく候


是、契約者及び
契約先企業並びに
其の仲介先企業に
対し、等しく宣言せり

公正なる商取引
是を活発にしたるこそ
真に我国の為也

其れが為有力と
感ぜる商品に対し
是等の紹介に
我手を貸したるもの也

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2Ad

Template by たけやん